このエントリーをはてなブックマークに追加

若者応援企業
[ワカモノオウエンキギョウ]

「若者応援企業」とは、厚生労働省が一定の要件に照らして、“若者の採用と育成に積極的な企業”と認定した中小・中堅企業のことです。同省は2013年4月から「若者応援企業」宣言事業を開始。若者(35歳未満)の採用・育成に積極的で、一定の労務管理の体制が整備されており、通常の求人情報より詳細な企業情報・採用情報を公表する中小・中堅企業を「若者応援企業」として認定し、各都道府県労働局やハローワークでPRするなどの支援事業を展開しています。
(2013/12/9掲載)

若者応援企業のケーススタディ

「若者に優しい中小企業」を国がお墨付き
ミスマッチ解消とブラック対策がねらい

深刻化するブラック企業の問題は、就職活動に臨む若者の安定志向・大手志向を強め、就職難に拍車をかけています。資金力に乏しい中小企業は、就職情報サイトや説明会で広く自社をアピールする機会が限られ、若者に企業情報や採用情報をきちんと届けることができません。そのため、優良企業でも「ブラックでは?」と疑われて避けられてしまうケースがあります。若者が安心感を求めて大企業に殺到し、人手不足に悩む中堅・中小企業に向かわない、ミスマッチ構造の一因となっています。

そうした中、“若者に優しいホワイト企業”を国が認定し、積極的にPRする「若者応援企業」宣言事業が2013年度から始まりました。厚生労働省によると、同省が指定した次の七つの基準(宣言基準)をすべて満たす中小・中堅企業であれば認定を受けられ、「若者応援企業」を宣言することができます。

(1)学卒求人など、若者対象のいわゆる「正社員求人」をハローワークに提出すること

(2)「若者応援企業宣言」の事業目的に賛同していること

(3)「働きやすさ」の指標となる以下の就職関連情報を開示していること
 ・過去3年度分の新卒者の採用実績及び定着状況
 ・過去3年度分の新卒者以外の正規雇用労働者(35歳未満)の採用実績と定着状況
 ・前年度の有給休暇および育児休業の実績
 ・前年度の所定外労働時間(月平均)の実績
 ・社内教育、キャリアアップ制度など

(4)労働関係法令違反を行っていないこと

(5)事業主都合による解雇または退職勧奨を行っていないこと

(6)新規学卒者の採用内定取消を行っていないこと

(7)都道府県労働局・ハローワークで扱っている助成金の不支給措置を受けていないこと

認定は、企業からの申請(宣言書の提出)を受けて行われます。認定された中小・中堅企業が若者応援企業宣言をすると、各都道府県の労働局のホームページで通常より詳細な就職関連情報を含めたPRシートが公表され、ハローワークでは就職面接会の開催について、積極的に案内します。また求人票などに「若者応援企業」の名称を使用し、若者の採用、育成に熱心な企業であることをアピールできます。

若者の関心を引きつけたい中小・中堅企業にとっても、安心して働ける職場環境を重視する若者にとっても、双方にメリットの多い制度だけに今後の普及が期待されます。

その他の用語

新卒採用サービスをご希望の企業様へ

『新卒採用.jp』の掲載企業・サービスについて事務局のスタッフが、ご紹介・ご案内いたします。

  • 掲載企業に一括お問合せが可能です
  • 特定の企業に絞ってのお問合せもできます
  • 企業選定のご相談も承ります

まずは下記「お問合せ」ボタンをクリックし、ご連絡先、ご要望等を入力の上、事務局までお気軽にお問合せください。

お問合せ
プライバシーマーク